家族信託(民事信託)

信託って何?

信託という言葉を聞いたことはありますか?
新聞等でたまに聞くことがあるかもしれません。
・~信託銀行
・投資信託
・家族信託


「信託」を一言でいえば、自己(A)の財産を他人(B)に委託して、ある目的(Aの子Cの学業支援目的など)のためにその財産を管理する等(甲に貸すなど)して、そこから得られた利益をCに与えることをいいます。

この信託は様々な場面で利用することができます。

利用場面

認知症の妻(夫)の生活保護

夫(A)が、自分の子(B)を受託者とし、認知症の妻(C)を受益者として家族信託をすると、子BがCのために信託財産を管理等していきますので、A死亡後も妻Bの生活が保護されます。

親亡き後に子の生活を保護したい

父(A)が、自分の長女(B)を受託者とし、重度の知的障害者の長男(C)を受益者として家族信託をすると、父(A)死亡後もCの生活を保護することができます。

他にも

・遺産分割トラブルを避けるため
・事業承継のため
・飼主亡き後のペットの保護

などなどの利用場面があります。
詳細は、「行政書士 真栄里 法務事務所」までお問い合わせください。

Scroll Up